検査・治療機器紹介

網膜観察装置

網膜観察装置網膜観察装置OCTオフサルモスコープは、眼球の外側からでは確認できない眼底部を断面写真として表示することで、網膜内部の構造情報を得ることができます。
写真や観察は非接触、非侵襲で行われるため患者様への負担も少なく、視神経乳頭部の解析により緑内障の診断や黄斑部疾患や各種網膜疾患の検出、早期発見、経過観察を行うことができます。
これにより今まで断層でしか観察できなかった症例を“眼底画像と同じ面”で捉えることができ、病変部の大きさ、位置、形状、分布等を把握することが可能となり診断精度が向上します。

非接触式眼軸長測定装置

非接触式眼軸長測定装置OCTオフサルモスコープ白内障手術では患者様の水晶体の代わりとなるIOL(人工水晶体)の値(度数)を正確に算出しなければなりません。
このIOLマスターは今までのように患者様の角膜に直接触れることなく眼軸長測定、角膜屈折力検査、前房深度測定からIOL度数測定算出までをこの1台で正確かつ迅速に計測することができます。

自動視野計

自動視野計 自動視野計従来の自動視野計に瞳孔検知機能が付き、目の動きに合わせて機械が自動的に瞳孔の中心を追尾します。視野検査は指標をしっかり見ていただくことが検査の精度を上げるポイントですが、自動追尾になったことで検査精度が高くなりました。 

超広角レーザー走査検眼鏡

Daytona
200度の画角を持ち、従来の検査機器では観察困難な網膜周辺部の病変も、撮影することが可能となったため網膜の80%以上の領域の高解像度画像を、患者様の負担が少なく無散瞳で撮影することができます。

手術機器

手術機器<手術機器白内障日帰り手術には最新鋭機器を設置。手術顕微鏡はカールツァイス社製、手術機械はAMO社シグネチャーを使用しております。
手術機器<アキュラス硝子体器械として、全世界で使用されており、あらゆる硝子体疾患に対しより安全で高度な網膜、硝子体手術を可能にした手術装置です。
手術機器<ピュアポイント糖尿病網膜症などの眼底疾患の治療に用いる光凝固装置で硝子体手術時の眼内レーザーにも対応できる優れものです。
手術機器<ブライトスターブライトスター光源装置 は、新世代の高輝度白色光照明により、小口径ファイバー使用時の術中視認性を 向上させます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー炭酸ガスレーザー眼瞼(まぶた)の手術において、従来のメスで切開を行う方法に比べて手術中の出血がなく、翌日の腫れもほとんどなく手術を行うことができます。
Tel.03-5845-8020