多焦点眼内レンズについて

最近の光学技術の発達により、白内障手術の時に遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)を目の中に挿入することが可能になりました。
「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」により、日常生活においてはメガネを使わずに遠くから近くまで見ることができるため、よりメガネに頼らずに生活することが可能になります。
手術方法は、従来の白内障手術と同じ方法で行われ、手術時間は約10分で日帰りにて手術が可能です。

■先進医療についてのご説明
先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる高度な新しい医療技術のことです。
これまでの保険診療では承認を得てない多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が、当院では2010年1月より先進医療施設として厚生労働省に認定されました。
これにより「先進医療にかかる費用(多焦点眼内レンズを用いた白内障手術)」として手術費・眼内レンズ費は自己負担となりますが、それ以外の手術当日の薬剤費および手術前後の診療費・検査費・薬剤費の費用は保険診療で行えるようになりました。 以後、先進医療認定前後での費用は認定前45万円→認定後38万円(片眼)となります。

従来の眼内レンズ

単焦点遠近

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

遠くも近くも見やすくなる(時計も携帯の画面も)

メガネの必要性

メガネの必要性

日常生活に合わせた眼内レンズ

現在の眼内レンズは、手術後にできるだけ患者様の日常生活に合わせられるようにより近くの焦点を調整することが可能になってきています。
・近くの焦点を50cm ・・・ゴルフやお買い物がお好きな方
・近くの焦点を42cm ・・・料理や読書がお好きな方
・近くの焦点を33cm ・・・カメラや編み物を趣味としている方

単焦点眼内レンズも多焦点眼内レンズも近くの焦点を調整可能です。
眼内レンズを選ぶ際に当院スタッフにご相談ください。

多焦点眼内レンズ比較

当院で使用する多焦点眼内レンズ

当院で使用する多焦点眼内レンズ

LENTIS Mplusについて

完全オーダーメイド

LENTIS Mplusは、ドイツ オキュレンティス社で開発された、世界最高の性能をもつ完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズです。一人一人の目に合わせて作成されるので、自分の目に一番適した眼内レンズを手に入れることができます。

乱視矯正も可能

LENTISは遠視や近視だけでなく、強い乱視にも対応した眼内レンズです。白内障と同時に、老視、遠視、近視、乱視を治すことができます。 特に、LENTIS Toric(乱視矯正)レンズは屈折度数0.01D刻みで矯正が可能であり、他の眼内レンズの50倍もの精度を誇ります。

ハロー・グレア現象が少ない

ハロー・グレア現象が少ない眼内レンズ挿入後、強い光源を見た時に、光に輪がかかって見えたり(ハロー)、光が長く伸びてまぶしく見えたり(グレア)することがあります。 LENTISはその現象が他の眼内レンズより少ないと言われています。
ハロー・グレア現象が少ない

コントラスト感度が良好

コントラスト感度が良好コントラスト(明暗の差)の感じ方は一般的に加齢に伴って徐々に低下していきます。 LENTISは他の眼内レンズに比べてコントラスト感度が良好です。

眼鏡いらず?

LENTIS Mplusは遠近両用の多焦点眼内レンズです。40cmの手元から遠方まで広範囲に渡って良好な視界が得られます。実際にLENTISを挿入した方の90%以上が、眼鏡を全く使うことなく生活されています。(眼鏡なしの生活を保証するものではありません。)

レンズ完成まで約6週間

完全オーダーメイドのため、海外で作成され輸入するまでに約6週間かかります。ヨーロッパではCEマークを取得しており、既に数多く使用され非常に良好な結果を得ています。国内では無認可のため、手術に関する費用は自費となります。(自由診療)
※CEマーク:EU加盟国の基準を満たす商品に付けられるマーク。EU本部は信頼の証と捉えています。

費 用

先進医療認定 多焦点眼内レンズ(ReSTOR)

片眼38万円(税込) 両眼76万円(税込)

手術の内容は、通常の白内障手術と変わりありませんが、使用する眼内レンズが健康保険の適用外のため、費用の一部が自費での診療になります。 費用は高額ですが、メガネから解放される生活はとても快適であり、この手術を受けられた患者様から、非常に高い満足をいただいております。

自由診療 多焦点眼内レンズ(LENTIS Mplus)

片眼 48万円(税別) 両眼 96万円(税別)
(手術前後の3ヶ月間の診察・手術に関する薬代含む)

LENTIS Mplus多焦点眼内レンズに関わる費用について

当院で多焦点眼内レンズを用いた白内障手術をする場合、通常は先進医療として取り扱いができますが、LENTISは日本未認可の眼内レンズとなりますので、術前・術後の検査・診察・投薬を含めすべて自費診療となり、先進医療としての扱いはできません。
またLENTISは患者様それぞれの目に合わせて作製する為、発注後のキャンセルはできません。
当院におけるLENTIS多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の費用は上記の通りとなります。(1ユーロ140円時の価格)

Tel.03-5845-8020